スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


More of Most
再熱現象が起こりつつある…非常事態
止める事のできない…感情の爆発

助けは………来ない
                     More of Most――更に多くの 
                       Victims――犠牲者達

                  そこには助けてと叫ぶ一人の女がいた。
                       その名は―紅暁夜弥



はい。ごめんなさい(馬鹿) 何かの小説かと思った方、すみません。
だって偶には気晴らしが必要でsy(orz
久々更新がこんなはじまり方でほんとスミマセン(汗
ちょっとした現状報告のつもりで……(←どこが

まぁ詳しく言うと

再熱現象→デジモンのようにまたも再熱してしまった作品有
非常事態→ハンパない勢いでサイト巡り
感情の爆発→萌え死n
犠牲者→パソこさま


『CCさくらヤバイ!!小狼×さくら至上主義っっっwww
うわーCCさくらのサイト様あったー絵巧すぎ萌えるわーっ♪』
萌え死の非常事態の中、止める事のできないサイト巡り。
邪魔者(親)は居ないしおーぷんしほーだい。
更に増え続ける紅暁の趣味達によって脅かされる家のパソコン(ふりーず多)
誰か語りをしよう!!とオタ友に連絡する=明日語り決定♪

と言う現状報告でした。(長いわ!!)

以下徒然感想↓ 

スポンサーサイト
久々に
小説書いてました。
少陰の短編と連載モノ。
現代パロで学園ものにしようと構想中。
神将も人型になって登場するので名字がいるんです。名字が。
最初の内はいいんですが、後の方になると思いつかないんですよね。
いっそ結城先生公式パロの「安倍蓮」とか「安倍合」とかにした方が……


ここではまだ小説あげれないのでバトンなんぞやってみたり。
FC2。
知らない間にめちゃ進化してたんですねー(棒読み)。
久々アクセスで混乱したわ(笑)

★☆アニメどんだけ知ってる?☆★バトン

Q1 お名前をどーぞ♪
A1 紅暁夜弥です、ども
Q2 一番好きなアニメは?。
A2 一番!?……今は少年陰陽師…かもしれないです
Q3 そんじゃ本題行きますよ。おk?。
A3 だいじょーぶです
Q4 恋愛アニメといえば?。
A4 れんあい!?? や、考えてみたら見た事な…orz
Q5 戦闘アニメといえば?。
A5 戦闘っていうか凄い昔なんですけど、デジモン無印&02!!ほんと好きだったなー
Q6 変身少女アニメといえば?。
A6 そりゃあセーラーム(ぇ
Q7 SFアニメといえば?。
A7 ツバサクロニクル。SFになるのか…な??わからん
Q8 推理アニメといえば?。
A8 名探偵コナン
Q9 御伽草子といえば?。
A9 もちろん我らが犬夜叉!!!!!
Q10 スポーツアニメといえば?。
A10 メジャーですか。見た事無いけど(おい
Q11 音楽アニメといえば?。
A11 のだめ
Q12 ほのぼのアニメといえば?。
A12 夏目友人帳
Q13 家族愛アニメといえば?。
A13 わかりませんー;
Q14 ロボットアニメといえば?。
A14 ガンダム??
Q15 かすかに覚えてる懐かしいアニメといえば?。
A15 神風怪盗ジャンヌ。種村先生好きっ
Q16 とにかくHAPPYENDなアニメといえば?。
A16 カードキャプターさくら
Q17 覚えている限り、初めて見たアニメは?。
A17 魔法騎士レイアース。CLANP作品はどれも好きです。
Q18 アニメを好きになったきっかけのアニメは?。
A18 言うまでもなく犬夜叉ですw
Q19 上記以外で内容を知っている、もしくは聞けばわかるアニメは?。
A19 だあだあだあ・Drリンにきいてみて!・満月をさがして…etc。すみませ…古いのばっか&少女漫画。
Q20 お疲れ様でした。
A20 どうもです。楽しかったです、てか懐かしいのがたくさんww

このバトンに回答する / 回答した人を見る



お久しぶりです
                    引っ越し中!

                移転準備中につき、更新不定期

はい、引っ越しもとい引越準備中です。
この半年(?)ずいぶん潜っておりました。スミマセン;;

不慣れなPC相手に闘っています、そりゃもう頑張って。
しかし、秋っていうのはどうしてこうも行事が多いのか。
考査に模試に祭り×2に……そんなに頑張らなくてもいいじゃんかっ!!
というわけで、
3度目の正直年内には引越完了したいと思っています。
今月は動けそうにないので11月から移転作業をば…!!あくまでも予定は未定


手抜きの昌浩でごめんなさい。
今はこれが精一杯。ごめんね昌浩。
ていうか、メインは犬夜叉なのにね(←)

移転したらサイトジャンルを少し変えようかと思っています。
犬夜叉はもちろん愛していますが、今は少年陰陽師の方に熱が行ってしまっているので。
それに雑食なもので他方面に手を出しすぎまして…;
なので、

Main→少年陰陽師
Submain→犬夜叉,ツバサ
Other→コナン,デジモン無印&02,ハウル

の方向でやっていきたいと思います。

 

弥生企画
※UPできた企画はこの色、リンク繋いであります※

弥生企画 企画期間~四月末迄
St.Valentines’Day&WhiteDay企画2/14犬夜叉、4/5少陰UP

・犬夜叉バレンタインフリー小説  【Oath to the Future】
・少年陰陽師ホワイトデーフリー小説  【笑顔のワケ】
二月中企画中に犬夜叉フリー小説と、少年陰陽師フリー小説をUP。

少年陰陽師フリー小説UP

バレンタイン企画とは別に、現代パラレルでフリー小説をUP。
時季モノ、春・桜関係。以前は少しシリアスだったので、ほのぼの系で行こうかと。

掲示板に犬夜叉SS掲載3/18掲示板にUP

未来設定、子供います。名前未定。
この話を元にして、長編を連載しようかどうか模索中。
とりあえずネタとして掲示板にあげます。

長編連載1/30より犬夜叉長編連載開始

・犬夜叉【輪廻渡り―トキワタリ―】
 壱、運命(はじまり)は突然に

 
現代の少女陰陽師が、犬夜叉達のいる戦国時代へ時を超えてしまう…という話。
 (少年陰陽師から思いつき。多少リンクしています。)
・少年陰陽師
 晴明死後、昌浩が主となるまでの様子から、昌浩死後→現代への転生。
 平安未来設定から現代パラレルへと移り変わっていく、過去未来一体型です。
※少年陰陽師の方も期間中、できたら開始させたいと思います。※

リクエスト

ネタ募集もかねて、小説リクエストを受け付けたいと思います。
メールで、紅暁に書いてほしい小説内容(犬夜叉・少年陰陽師のみ)を詳しく書いて送って下さい。
先着三名様にリクエストしてくれた小説をプレゼントします。

なお、同時募集でキリ番未報告者の代行人を募集中。こちらは先着二名様一名様までです。
リクエストと同じように送って下さい。

akatsukinoyo☆yahoo.co.jp←☆を@へ
メールの送り方の詳細は、お手数ですがAboutをご覧下さい。
よろしくお願いします。

少【笑顔のワケ】

笑顔のワケ



―どうしよう
頭に浮かぶのはそればかり。
ここ二、三日ずっとだ。


事の発端は一ヶ月前、更に詳しく言えば2月14日。
そう、「バレンタインデー」。世の女の子が勝負に出る、その当日。
しかし昌浩はといえば、そう言った行事に全くと言っていい程無頓着かつ鈍感。
その証拠に、毎朝一緒に学校へ登校している彰子から、当日、いかにも手作りですと言わんばかりの可愛らしくラッピングされた包みを渡されるその時まで、今日が何の日か気付いていなかったのである。
更に更に、学校の自身の靴箱に詰め込まれるように入れられた数々の箱達。
それが昌浩にとってどんな意味を表しているのかさえも気付かない。
その本人は他人事のように、靴箱の中って…衛生管理上あまり良くないんじゃないのかなぁ…と、考えてさえいるのである。
―靴箱から少々困り果てた顔で箱達を取り出す昌浩の様子を、恨めしそうに見ていた数名の男子がいたことにも…もちろん気付かない。


さて、話は戻り。
悩んでいるのは言うまでもなく、ホワイトデーのお返しの事だ。
箱達をくれた数々の女の子には値段の張らないマシュマロ等を返せばいいと、昌浩が持って帰ったその量の多さに苦笑していた成親が言っていた。
…兄がマシュマロを返せ、と言った事に疑問を持ちつつも、まぁそれくらいが妥当かなぁと思っている昌浩がいた。
申し訳ないが、その女の子達にはそれで勘弁してもらいたい。
しかし、問題はそこではないのだ。

彰子。

そう、彼女に貰った包みにどうお返しをしたらいいのかを悩んでいるのだ。
彼女がくれた包みの中には手作り感のあるトリュフがハート型になって入っていたのである。
少々歪な、しかし彼女の精一杯の気持ちが込められたそれは、天一や勾陣、それに太陰と一緒に作ったのだと後に勾陣から聞かされる。
だから尚更、彼女へのお返しに悩んでしまう。

マシュマロ…違う、それじゃ他の子と一緒だ…
クッキー…否、それも違う気がする。それに彰子はクッキー作るの得意だしなぁ
さぁどうしようか…

ふと辺りを見回すと、小さな包みにくるまれたもの机の上に転がっていた。
それを見て、あぁこれだ!!と思い立ち、その手の店へと買いに走り出す昌浩の姿があった。


―3月14日。
今日はいつもより少し早く彰子の家に迎えに行った。
玄関から出てきた彰子に、真っ先に先日買った綺麗にラッピングされたキャンディーを渡した。
彰子は初めびっくりしたような顔で、俺からそれを受け取った。
けどその顔は、瞬く間に笑顔になって。
ありがとう。
そう、花が咲いたような笑顔でそう言った。
その日、彰子はいつもよりも、もっと笑顔で嬉しそうな顔をしていた。
その笑顔のワケを俺は知らないけれど、
彰子の笑った顔を見ているだけで、
俺は幸せな気分だった。―

―昌浩がその想いに気付くまで、あと、少し―

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。